うちは基本的に、ごっちゃごちゃに書いてます。Rubyの話があった後に、FFの話が入ったりしてます。かなりカオス。
教科書的なブログの書き方として、テーマを決めてそれに沿った質のよいエントリをクオリティを保って大量に投稿しろっていうのがよく紹介されてます。でも、そんなことやってたら2日で記事が書けなくなるのは明白なので却下。
それより、どんな方向性の話題をエントリにしたらいいのか、という視点で考えるのが、うちのような底辺ブログのやり方かなと。


そう考えた場合、書くべきなのはポジティブなエントリだろうと。
大体、今の情報社会、悪い話はいくらでも集めることができます。その中のひとつになってもつまらない。せっかく読んでくれる人がいるのであれば、前向きに感じてもらえるような内容を書いた方がいいじゃないか・・・とまぁ、最近思ったわけです。
はてなスターとかいうシステムも実装されたことですし*1。楽しんでもらえるようなエントリを書くことが重要なのかなーと。それにはネタ集めそのものよりも、どうポジティブに解釈して発信出来るかというのが重要になりそうです。まぁ、まだ思っただけで全然実行できてませんけどね。


その文章を読んでる人がその内容をどう捉えるか。そう考えながら書き続けると自然に人が集まるのかもしれません。

*1:うちにスターはまだひとつしかないみたいですが・・・